トラブル・バスター

徳間文庫

景山民夫

1995年2月15日

徳間書店

544円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

俺は関東テレビ総務部総務課制作庶務係の、宇賀神邦彦だ。仕事は局内で起った面倒ごとを裏側から始末して回ること。もともと制作部のディレクターをやっていたが、四年間で九本の番組をコケさせ、落とし前をつけさせられてる訳だ。腐れ縁の上司、田所制作局長の罵声「バカヤロー」が俺の出番の合図になる。愛車マスタングを駆って、今日も一丁行くとするか。トラブル・バスター、人は俺をそう呼ぶ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください