猫の息子

眠り猫2

徳間文庫

花村萬月

1997年5月31日

徳間書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

“眠り猫”こと仁賀丈太は、凄腕の私立探偵だが、その腕っぷしとは逆に、生活にはだらしがない。酒代のツケに息子のタカをオカマの経営する飲み屋で働かせている。そこへ、正体不明の総会屋・鷲尾が姿をあらわし、直後に巨漢富士丸が出現し、チェーン・ソウを振り回し、店内を破壊しはじめた!彼らの目的は何か?強烈な萬月の愛のかたちが、美しくも燃えあがる!長篇ネオ・ハードボイルド。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください