出雲神々への愛と恐れ

徳間文庫

西村京太郎

2000年4月30日

徳間書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

K美を殺してやりたいー出雲大社に呪いの絵馬を掲げたと思われるM銀行のOL堀井恵が殺された。警視庁捜査一課・十津川警部らの捜査によって、K美とは、モデルあがりのデザイナー井崎清美と判明。当初、エリート銀行員・栗田信彦をめぐる三角関係のもつれかと思われたが、栗田が岡山から出雲へ向かう特急『やくも13号』の車中で毒殺され、事件は予想外の展開を見せ始めた。長篇トラベル・ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください