王国の崩壊

徳間文庫

高杉良

2000年12月31日

徳間書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

企業の論理かそれとも社会正義か?老舗デパートの丸越に入社し、社内の活性化につとめた社長室課長の菊池治夫だったが、丸越はワンマン社長の寺本剛と女帝の竹村さちの癒着で人心が荒廃、業績も低落の一途をたどっていた。奮闘する菊池にとって社長秘書・山本由香との情事は一筋の救いだったが、寺本の専横は激しさを増し、由香との関係も怪しくなってー中間管理職の悲哀を描ききった企業小説の快作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください