邪淫

冥府の刺客

徳間文庫

黒崎裕一郎

2001年4月30日

徳間書店

607円(税込)

小説・エッセイ

日本橋小網町の東、稲荷堀と呼ばれる入堀がある。堀端の雑木林の中で無反りの直刀を無心に振る死神幻十郎の姿があった。四つ目屋の鬼八からドンド橋の下で女の土左衛門が上がった旨の知らせが届く。半月ほど前も、上流で若い女の土左衛門が上がったことも噂で聞いた。いずれもが、緋襦袢をまとっただけのあられもない姿で、女陰のすぐ脇に蟹と蛇の刺青が…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

4

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください