聖徳太子の「秘文」開封

未来記と未然紀

徳間文庫

飛鳥昭雄 / 山上智

2001年11月30日

徳間書店

586円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日本書紀にも「未然を知らしめす」と形容された聖徳太子の預言書は、本当に実在していた!国会図書館に秘蔵されていた「日本国未来記」と「未然本紀」-古史古伝最大のスクープ報告と、現代にまで及ぶ預言の驚くべき内容とは?古代ヘブライのカッバーラに源を発する太子の遙かなるヴィジョンには、アメリカが国連を使って力で世界を一極支配するようになるとある…。まさに現代人必見の書である。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar 2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください