熱風!

古着屋総兵衛影始末5

徳間文庫

佐伯泰英

2001年12月31日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

宝永二年、春先から奇妙な熱風が吹き始めた。伊勢神宮への大量群参である。奉公人の小僧たちがことわりもなく二人三人と連れだって出立するのである。東海道は子供で溢れていた。その群れの中に大黒屋の奉公人・丹五郎らがいた。彼らは、二代目“影”から届けられた家康より拝領の火呼鈴を過って身につけたままであった。この「熱風」に裏があるとあたりをつけた総兵衛は、丹五郎らを追って自ら東海道を奔る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください