神雕剣侠(1)

徳間文庫

金庸 / 岡崎由美

2006年6月15日

徳間書店

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『射〓(ちょう)英雄伝』から十数年後。「売国奴の息子」という過酷な運命を背負った少年・楊過の頑な心を開いたのは、武芸の師となった美しい年上のひと・小龍女だった…。中華世界十二億人が胸を熱くした、武侠小説史上最高のラブ・ストーリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください