桜の仇討

いろは双六屋

徳間文庫

六道慧

2007年6月30日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

夜鷹の真似事をしようとする美しい御家人の娘・朋世。職を求め、江戸に来た四十前後の播州牢人・大野幸之進。神田今川橋の口入屋“双六屋”を営む若旦那・伊之助のもとには、今日も「わけありの客」が難題を持ち込んで…。書下し人情時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください