恋時雨

いろは双六屋

徳間文庫

六道慧

2008年1月31日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

春先に武家屋敷、長屋とたて続けに起きた火事は、「八百屋お七」の怨みと噂されたが…。その頃、神田の口入屋「双六屋」では、騙りでお縄になった馴染みの噺家、変人の極楽亭有楽を見世で預かることになったり、奉公先を紹介した娘が使いこみをしたと戻されたりと、今日も若旦那の伊之助は、もめごとを収め、事件の真相を解くために奔走する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください