火怨

まろほし銀次捕物帳

徳間文庫

鳥羽亮

2008年8月15日

徳間書店

649円(税込)

小説・エッセイ

足抜きしようと夜道を必死に走る若い男と女。が、無情にも追っ手に捕まり、殺された。しかも、相対死に見せかけられて…。明くる朝、車坂町の稲荷に向かった銀次が目にしたのは、下駄屋の智助と八百屋のおしま、ふたりの死骸だった。料理茶屋信津屋の若い衆によれば、おしまは女中として働いていたが、昨日の晩から姿を消したという…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

5

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください