蜉蝣の宴

のらくら同心手控帳

徳間文庫

瀬川貴一郎

2009年8月31日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

労咳で寝たきりの富吉が刺し殺された。樒の葉が落ちていたところをみると、どうやら凶賊三五郎の仕業らしいが、今度は枝ごと残していないことに雪之介は疑いを抱くー。どうにも進まぬ探索の合間を縫い、今のうちにと、結納を取りかわしていた雪之介のもとに、「三五郎が茶屋に入ったところを岡っ引の金次が見とどけた」という報せが入り…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください