外待雨

公儀鬼役御膳帳

徳間文庫

六道慧

2012年6月30日

徳間書店

722円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

父・多聞の死、許嫁である水嶋波留の失踪ー深い苦しみに耐えながら、隼之助は希望を失っていなかった。父の薫陶、波留の優しさを支えに鬼役としての責務を果たそうとする。新たな潜入先は、茶問屋“山菱屋”。この店の主が点てた茶からは、妻への深い愛と哀しみの味がした。山菱屋は幕府に楯つく薩摩藩の手の者なのか、それとも?隼之助の“鬼の舌”は、天下と愛しき者を守れるか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください