岡山の闇烏

若殿八方破れ

徳間文庫

鈴木英治

2013年9月30日

徳間書店

701円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

周防国で何者かに毒を盛られて倒れた真田俊介。辛くも一命を取り留めたが、なんと目が見えなくなってしまった。名医の噂を聞いた一行は岡山に入り、俊介は目の治療を受け始める。ここ岡山では藩主池田内蔵頭の命をつけ狙う者が暗躍し、池田家秘蔵の名刀大包平が盗まれるなど不穏な動きが。名医参啓も何者かに襲われ、深傷を負ってしまう。好漢俊介、目は見えずとも、悪を斬る!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください