クリスマスのぶたぶた

徳間文庫

矢崎ありみ

2013年12月6日

徳間書店

638円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大学生の由美子は、クリスマスだというのに体調不良。おまけに、元彼がバイト先に来ちゃったりして、ますますツラくなり…。早退けさせてもらった帰り道、バレーボールくらいの大きさをしたピンク色のぶたのぬいぐるみが歩いているところに遭遇した。これは幻覚?それとも聖なる夜が見せた奇跡?山崎ぶたぶたと出会った人たちが体験する特別な夜を描くハート・ウォーミング・ノベル。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.32

読みたい

5

未読

3

読書中

1

既読

21

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ななここ

ぶたぶたさんのプライベート

starstarstar
star
3.3 2021年02月10日

いつもの短編より更に短めです。 所々にぶたぶたさんの家族愛が出てて、最後には家族で初日の出を見に行く(ところを見られる)章があります。 そこが面白かった。 でもやっぱりいつもの長さの方がいいです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください