真田合戦記(昌幸の初陣)

徳間文庫

幡大介

2016年5月7日

徳間書店

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

上杉政虎は関東管領に補任され、本格的な関東攻略に乗りだした。甲州、信州、上州の国人領主たちは、武田、上杉ふたつの巨大勢力の間で生き残りをかけて揺れ動く。善光寺の流通網と街道支配権を巡り、第四次川中島合戦で武田と上杉は激突する。武田の部将として生きることを選んだ真田源五郎(昌幸)の初陣であった。知将・真田幸村の父昌幸の若き日々。戦国大河第五弾、昌幸篇開始!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

滋野一族にとっては、危急存亡の秋。189

starstarstar
star
3.6 2020年09月16日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください