貧乏神あんど福の神

徳間文庫

田中啓文

2019年9月6日

徳間書店

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

大名家のお抱え絵師だった葛幸助は、今、大坂の福島羅漢まえにある「日暮らし長屋」に逼塞中だ。貧乏神と呼ばれ、筆作りの内職で糊口を凌ぐ日々。この暮らしは、部屋に掛かる絵に封じられた瘟鬼(厄病神)のせいらしいのだが、幸助は追い出そうともせず呑気に同居している。厄病神が次々呼び寄せる事件に、福の神と呼ばれる謎の若旦那や丁稚の亀吉とともに、幸助は朗らかに立ち向う。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

14

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

狩野 大樹

書店員@

これからに期待

starstarstarstar
4.0
3
2020年02月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください