宿神 第一巻

徳間文庫

夢枕獏

2022年1月12日

徳間書店

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

そなた、もしかして、あれが見ゆるのか…女院は不思議そうに言った。あれ!?あの影のようなものたちのことか。そうだ。見えるのだ。あのお方にも、見えるのだー。のちの西行こと佐藤義清、今は平清盛を友とし、院の御所の警衛にあたる若き武士。ある日、美しき箏の音に誘われ、鳥羽上皇の中宮、待賢門院璋子と運命の出会いを果たす。たちまち心を奪われた義清であったが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

9

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ケムケム

「あれが見ゆるのか…。」主人公は若き日の西行法師。

starstarstarstar 4.0 2022年02月06日

 若き日の西行、佐藤義清が主人公。ひょんなことから待賢門院璋子と出会う。互いに「あれが見える」らしい。  「あれ」とは何なのかまだわからない。一巻めだから。  佐藤義清の他に、ただの脇役で終わるかわからない平清盛、後の文覚になる遠藤盛遠などの群像劇という作りになっているような感じ。面白い。これからどんな展開になるのか楽しみ。  二巻めをすぐ読もう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください