観相同心早瀬菊之丞 毒の契り

徳間文庫

早見俊

2024年2月9日

徳間書店

979円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

神田白壁町の呉服屋、近江屋の主藤次郎は、女中奉公をしていたお清と深い仲になった。感づいた女房のお房は婿養子である藤次郎を折にふれ責め立て、給金を半分にするという。ある日、お房が用意した夕餉の味噌汁を一口飲んだ藤次郎が苦しみ出した。彼女が毒を盛ったのか?だが観相の名人、南町奉行定町廻り同心の早瀬菊之丞は、お房に悪意の相が表れていないと見立て…(表題作)。(書下し傑作事件帳)

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください