コンパイラの構成と最適化

中田育男

1999年9月30日

朝倉書店

11,000円(税込)

パソコン・システム開発

コンパイラは、何らかのプログラミング言語で書かれたプログラムを実際の計算機で実行できるように変換するソフトウェアである。計算機で実行されるほとんどすべてのプログラムは、コンパイラの世話になっており、そのコンパイラの良し悪しによって、プログラムの作りやすさも影響されるし、ハードウェアの機能や性能が生かされる度合いも決まるから、コンパイラはオペレーティングシステムとともに、計算機の最も基本的で重要なソフトウェアである。本書はコンパイラについて、入門的な解説から、コンパイラを構成する各要素技術の解説、さらに、より実行効率のよい目的コードを生成するための各種の最適化の技法までを網羅的に解説したものである。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください