名探偵のコーヒーのいれ方

ランダムハウス講談社文庫

クレオ・コイル / 小川敏子

2006年10月31日

武田ランダムハウスジャパン

924円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

完璧なコーヒーをいれたいなら、絶対に手を抜いてはだめ。そして事件の謎に立ち向かう時もー。NYの老舗コーヒーハウスを切り盛りするクレアがその朝、店で発見したのは、芳ばしい香りでなく階段から転落した店員の姿。警察は事故と判断したが、不審に思ったクレアは捜査に乗り出し…!?エスプレッソに焼きたてのお菓子。こだわりの味を守る老舗店を舞台に、焙煎したての満ち足りた香りが漂うミステリシリーズ第1弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.27

読みたい

0

未読

6

読書中

0

既読

16

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年05月16日

コージーミステリのシリーズもの。やっぱり順番に読んでいきたい。ヒロインが魅力的でありロマンスも気になる。コーヒーが美味しそうで…私の好きが詰まってるこのシリーズもじっくり集めていきたい。ミステリ自体はあまり凝ってないのも私向きかな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください