ヴァイキングと白夜の乙女

ランダムハウス講談社文庫

キャサリン・コールター / 佐々木理子

2009年2月28日

武田ランダムハウスジャパン

1,045円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

9世紀アイルランド。裕福な毛皮商の娘ザラベスは、一見不自由ない生活を送っていた。だが、彼女の体を狙う継父や、彼女を貶めようと策略を巡らす兄夫婦に囲まれ、唯一安らげるのは耳の聞こえない妹といる時だけだった。ある日、そんな彼女を交易に訪れていたヴァイキングの男が見初め、ぜひ妻にと望む。傲慢ながらもユーモラスなその男に惹かれたザラベスは、申し出を承諾する。その先にどんな悲劇が待っているとも知らず…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください