33年後のなんとなく、クリスタル

田中康夫(作家・政治家)

2014年11月27日

河出書房新社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.03

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

4

未指定

7

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月09日

(無題)

田中 康夫と言う一人の大人の成長をずっしりと そして軽やかに感じる。 1981年に早稲田に入る直前に出た なんとなくクリスタルの33年後 すなわち 2014年の今 学生作家 モービル社員 阪神大震災のバイクボランティア 長野県知事 サンノゼの紀伊国屋で買っていた噂の真相の東京ぺろグリ日記 ずーっとウォッチしてきたけれど、これが大人になるってことなんだと教えられた。 良い生き方えおされてきましたね。良い本ですね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください