死に山

世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相

ドニー・アイカー / 安原 和見

2018年8月28日

河出書房新社

2,585円(税込)

ホビー・スポーツ・美術

一九五九年、冷戦下のソ連・ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム九名はテントから一キロ半ほども離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着けておらず、全員が靴を履いていない。三人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの一人は舌を喪失。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみー。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から五〇年を経てもなおインターネットを席巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは…!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(24

starstarstar
star
3.92

読みたい

36

未読

13

読書中

2

既読

131

未指定

90

書店員レビュー(3)
書店員レビュー一覧

政宗九

書店員

(無題)

starstarstarstarstar
5.0
0
2020年01月02日

すずきたけし

書店員@16の小さな専門書店

(無題)

starstarstarstar
star
4.5
0
2019年12月24日

長江貴士

書店員

ドニー・アイカー「死に山 世界一不気味な遭難事故 <ディアトロフ峠事件>の真相」

--
0
2019年11月25日

みんなのレビュー (2)

toruo

(無題)

-- 2022年05月12日

冷戦時代のソ連であった謎の遭難事故にとりつかれたアメリカの映像作家がその謎に迫った作品。冬のウラル山脈にトレッキングに出かけた大学生達9名。彼らは切り裂かれたテントから1キロほど離れたところで氷点下の雪山なのにろくに服も着ておらず靴も履いていない状態で、しかも何人かは大怪我しており一人は舌がなくなって発見された。しかも一部の遺体からは放射能が検出され、という事件で今に至るまで真相は明らかになっていない。冷戦時代の事件ということもあって西側にはあまり伝わっていなかったのだが、偶然の経緯でこの事件のことを知ったアメリカの映像作家は生まれてから一度も雪山に近づいたこともないのに真相に近づくためにロシアに渡り、事件の調査とともに雪のウラル山脈にも入る。そうした努力の甲斐もあって真相に近づくのだが…という作品。よくまとまっていて読みやすく彼が突き止めた「真相」もそれなりに説得力もあるのだけどちょっとあっさりしてるかな、というところと、もう少し検証できたのではないかな、と。コンピュータシュミレーションとかで検証できるのでは、という気もするのででこの説、きちんと検証してもらいたい。それにしても最終章はジャック・ロンドンっぽくてなかなか身に迫る怖さがあった。読物としてはかなり面白かった。

全部を表示

Readeeユーザー

ドキュメンタリー的な本としてはかなり面白かった

starstarstar
star
3.5 2021年06月13日

現在と当時を交互に描く書き方や、可能性を丁寧に削っていって最終的な結論に持っていく手法も説得力があってよい。超低周波音という可能性はこの本を読まなければ思いつかなかった説で、興味深かった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください