ウナギと日本人

“白いダイヤ”のむかしと今

筒井功

2014年6月12日

河出書房新社

1,760円(税込)

ビジネス・経済・就職

太平洋沖合から日本の川へ辿り着いたシラスは、どうやって再び故郷に戻るのかー日本人になじみの深いウナギだが、養殖が進み、シラスが高騰する中、その確保に夢中になる。そしてシラス相場と人心は揺れ動く。…けなげでたくましい、ウナギと人間の交渉史。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください