さよならを言うまえに

人生のことば292章

河出文庫

太宰治

1988年9月1日

河出書房新社

512円(税込)

小説・エッセイ

生れて、すみません-。39歳でみずから世を去った太宰治が、悔恨と希望、恍惚と不安の淵から、人生の断面を切りとった、煌く言葉の数々。愛と死、生い立ちの記、世間というもの、男と女のこと、文学と生活について等々、人間と人生への心にしみる痛切な祈りを全著作・書簡から抜粋しテーマ別に編成。没後40年、いまなお圧倒的共感を受け読みつがれる、太宰文学のエッセンス。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

3

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください