柿本人麻呂

河出文庫

山本健吉

1990年11月1日

河出書房新社

726円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

わが国の詩歌史の黎明期に登場した歌人柿本人麻呂は、古代の生活共同体を背景とする雄大な長歌を完成した。同時に、その反歌の中に〈個〉の芸術的衝動をこめて、抒情詩としての短歌の成立を促した。人麻呂の作品を通して、古代詩の成熟の跡をたどった壮大な論考!読売文学賞を受賞した、著者の輝かしい代表作が、いま蘇える。巻末に、著者の選による「人麻呂秀歌抄」を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください