第七官界彷徨

河出文庫

尾崎翠

2009年7月31日

河出書房新社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

七つめの感覚である第七官ー人間の五官と第六感を超えた感覚に響くような詩を書きたいと願う、赤いちぢれ毛の少女・町子。分裂心理や蘚の恋愛を研究する一風変わった兄弟と従兄、そして町子が陥る恋の行方は?読む者にいまだ新鮮な感覚を呼び起こさせる、忘れられた作家・尾崎翠再発見の契機となった傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.8

読みたい

7

未読

3

読書中

1

既読

14

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください