椿の海の記

河出文庫

石牟礼 道子

2013年4月8日

河出書房新社

935円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

はだしで盲目で、心もおかしくなって、さまよってゆくおもかさま。四歳のみっちんは、その手をしっかりと握り、甘やかな記憶の海を漂う。失われてしまったふるさと水俣の豊饒な風景、「水銀漬」にされて「生き埋め」にされた壮大な魂の世界が、いま甦る。『苦海浄土』の著者の卓越した叙情性、類い希な表現力が溢れる傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

10

未読

4

読書中

0

既読

5

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください