計画と無計画のあいだ

「自由が丘のほがらかな出版社」の話

河出文庫

三島邦弘

2014年8月6日

河出書房新社

814円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

一冊入魂、原点回帰の出版社として各界から熱い注目を集めるミシマ社。たった一人の起業から5年目の「発見」までをつづった、愉快・痛快・爽快エッセイ。多くの若者たちを励まし、「出版論・起業論であるだけでなく、仕事論・生き方論としても秀逸」(永江朗氏)など各界から絶賛を浴びた名著に書き下ろしの「番外編」を加えて待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstar
star
2.5

読みたい

4

未読

0

読書中

0

既読

46

未指定

3

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

三島邦弘「計画と無計画のあいだ 「自由が丘のほがらかな出版社」の話」

--
0
2019年12月25日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください