落語を歩く鑑賞三十一話

河出文庫

矢野誠一

2015年5月11日

河出書房新社

858円(税込)

エンタメ・ゲーム / 文庫

「目黒のさんま」から歩き始め「明烏」まで。江戸のよすがを求めつつ、古典落語の傑作の舞台をそぞろ歩き。名作の世界が、一段と味わい深いものに。往時の風俗、流行、世情などなどが懐かしく偲ばれる、一時代の記録。読んで聴く、聴いて読む。そして本書を頼りに「昭和」の現在をもう一度たどり直す喜びも。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.9

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

8

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください