源氏物語 4

河出文庫 古典新訳コレクション

角田 光代

2024年2月6日

河出書房新社

880円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

揺るぎない地位を築いた光源氏は、夕顔の忘れ形見である玉鬘を引き取り、男たちの恋のさや当てを楽しむが、自身も美しい玉鬘への恋慕が諦めきれずにいた。苦悩しながらも懸想するが、それを受け入れまいとする若い玉鬘…。やがて思いも寄らない結末を迎えることになる。「初音」から「藤裏葉」までを収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

4

読書中

1

既読

2

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください