裸のランチ

河出文庫

ウィリアム・シューアード・バーローズ / 鮎川信夫

2003年8月31日

河出書房新社

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

一九五〇年代に始まる文学運動は、ビート・ジェネレーションを生み出した。ケルアック、ギンズバーグら錚々たる作家たち(ビートニク)の中でも、バロウズはその先鋭さで極立っている。脈絡のない錯綜した超現実的イメージは、驚くべき実験小説である本書に結実し、ビートニクの最高傑作となった。映画化もされた名作の待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

15

未読

1

読書中

2

既読

10

未指定

10

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください