ある島の可能性

河出文庫

ミシェル・ウエルベック / 中村佳子

2016年1月7日

河出書房新社

1,540円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

世界の終わりのあと、僕は電話ボックスにいるー快楽の果ての絶望に陥った過激なコメディアン兼映画監督のダニエルは、“永遠の生”を謳うカルト教団に接近する。二千年後、旧人類がほぼ絶滅し、ユーモアと性愛の失われた孤独な世界で、彼のクローンは平穏な毎日を生き続ける。『服従』著者による“新しい人類”の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

5

未読

1

読書中

1

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください