蝦夷、北海道の謎

河出文庫

中江克己

1997年8月4日

河出書房新社

660円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日本領土のなかで最大の島、九州と四国を合わせたよりも広い北の大きな島が北海道とよばれるようになってから、まだ百三十年足らずでしかない。古くは渡島などとよばれ、鎌倉時代になっても、そこは異国とみなされ、蝦夷島とよばれていた。そこにはどんな人々が住み、どんな歴史と文化をはぐくんできたのだろうか。素朴な疑問を糸口に、北の大地の謎に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください