池澤夏樹=個人編集 世界文学全集(1-01)

ジャック・ケルアック / 青山南

2010年8月3日

河出書房新社

3,300円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.68

読みたい

3

未読

6

読書中

0

既読

9

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

憧れ

starstarstar
star
3.6 2022年04月04日

若い頃に読んだ「路上」からずいぶんだった。 「ビートニク」に憧れて、そのバイブルである本作を当時は読んだが、年齢を重ねた今、あらためて読むと、旅することよりも、せわしない「ディーン」への憧れや愛をすごく感じる。 すごくすごく好きだったんだなとしみじみ感じる。 自分と決して重ならない本物のビートに憧れたサル。 ディーンと過ごした旅の日々、旅にいるディーンと接しているときが一番幸せそうなサル。 当時と読んだ後の味わいが違ってなんとも切ない。 人間の原石のようなディーンが愛おしく思える。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください