小説上杉鷹山(上)

人物文庫

童門冬二

1995年11月20日

学陽書房

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

灰の国はいかにして甦ったか。九州高鍋の小藩から養子に入り、十七歳で名門上杉家の藩主の座についた治憲は、自滅か藩政返上かの瀬戸際にある米沢十五万石を再建すべく、冷メシ派を登用し改革に乗り出す。藩主や藩のために領民がいるのではない、との考えのもとに人びとの心に希望の火種をうえつけてゆく…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstarstar
star
4.29

読みたい

8

未読

2

読書中

0

既読

50

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください