松岡洋右

夕陽と怒濤

人物文庫

三好徹

1999年7月21日

学陽書房

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

作者は本書で、昭和前期を過去の歴史とは扱っていない。松岡洋右を通して外交とは何か、日本人の外交とはどんなものであったかを検証しているのである。そして、その検証から浮かび上がってくるさまざまな問題点は、現代日本の外交の問題とも密接につながっている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください