小説吉田学校(第7部)

人物文庫

戸川猪佐武

2001年3月21日

学陽書房

770円(税込)

小説・エッセイ

グラマン社の航空機疑惑、鉄建公団などの不正経理事件で荒れる国会。大平は“東京サミット”の成功で自信を得、衆議院解散を強行した。官僚的発想の消費税導入是非をめぐる総選挙で自民党は大敗北。責任問題で首相退陣を要求する非主流派。田中派の支持と鈍牛のしたたかさで居坐る大平。異例ともいえる四十日間の国会空白の中で、主流・非主流派の政権抗争が展開された。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください