延長された表現型

自然淘汰の単位としての遺伝子

リチャード・ドーキンス / 日高敏隆

1987年7月31日

紀伊國屋書店

3,850円(税込)

科学・技術

進化論といえば、まず問題になるのが、適応とか自然淘汰という概念である。一体誰にとっての適応であり、誰にとっての自然淘汰か。ここでドーキンスは、従来の常識に反し、革命的な主張をするーそれは、自己複製子としての資格をもった利己遺伝子である、その意味では、生物個体はヴィークル(乗物)にすぎない、と。知的興奮を呼び起すスリリングな科学読物。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

15

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください