証拠保全の実務

東京地裁証拠保全研究会

2006年8月31日

金融財政事情研究会

3,850円(税込)

人文・思想・社会

現役裁判官による初の本格的体系書。医療過誤や先物取引などの損害賠償請求訴訟で用いられる証拠保全の手続について、申立てから審理、発令・実施までを書式例に基づき解説。物語編で具体例に基づき時系列に沿って手続の流れを紹介し、解説編で実務の要点を詳説した弁護士、医療関係者等必読の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください