神と自然と憲法と

憲法学の散歩道

長谷部 恭男

2021年11月15日

勁草書房

3,300円(税込)

人文・思想・社会

憲法学の本道を外れ、気の向くまま杣道へ。そして周縁から見渡すことで見えてくる憲法学の領域という根本問題へ。新しい知的景色へ誘う挑発の書。勁草書房編集部webサイトでの連載エッセイ「憲法学の散歩道」20回分に書下ろし2篇を加えたもの。憲法学は、限られたこの世の社会生活・政治生活の構成原理とその機能を分析するにとどまるのか、それとも、それを超える限りない、計り知れない力を意識しつつ、この世のあり方を見定めるべきなのか。憲法学において「神あるいは人民」は実在するのか、それとも説明の道具として措定されているだけなのか。憲法学の本質を問うスリリングなプロムナードへようこそ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください