2045年問題

コンピュータが人類を超える日

廣済堂新書

松田卓也

2013年1月31日

廣済堂出版

880円(税込)

科学・技術 / 新書

2045年にコンピュータの能力が人類を超えるという説がある。実際に、近年のコンピュータの進化はその説に沿っており、またいま欧米では人工知能開発に一層の拍車がかかっている。意識を備えたコンピュータが人類を支配するというSF映画の世界が、現実になるかもしれないのだ。コンピュータと人類の未来を展望する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

3

未読

6

読書中

1

既読

21

未指定

19

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

松田卓也「2045年問題 コンピュータが人類を超える日」

--
0
2019年12月25日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年12月05日

・カーツワイルの上を予想するデ・ガリス。アーティレクト ・理論上原子一つが一素子になることが可能

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください