成功する人は、なぜ「自分が好き」なのか?

千田琢哉

2019年5月31日

廣済堂出版

1,430円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理

成功する人は知っている…自分とは何者か?嫌いな自分を好きになるには?自分を好きになる習慣とは?正々堂々と自分を好きになろう!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ka---

(無題)

starstarstarstar
star
4.5 2020年05月03日

・自分が納得いくまでがむしゃらにやる。それでダメだと感じたら、すぐ撤退する。いけると思ったら、ガンガンいく。 ・自分が好きになった状態で、自分と向き合う。啓示をキャッチし、メモし、即行動する。 ・鼻につくのは、羨ましいから。そのことを受容することが大事。受容して、そんな自分を赦してあげること。赦せないなら、赦せない自分を赦すこと。自分を赦せれば、自然に他人も赦せるようになる。 ・モチベーションを上げる必要はない。といあより、上げなければできないことはそもそもしたくないこと。奴隷のすることである。 ・パラドックスで考える。好きなことはなにかを見つけるために、嫌いなことを挙げる。 ・負ける=悔しくない=準備不足。負ける=悔しい=才能不足 ・誰かに負けて悔しいのが、競争心。自分に負けて悔しいのが、向上心。 ・発言は、その表情を作る筋トレ。前向きな発言=前向きな表情、姿勢 ・まずは自分を大切にし、素直に自分を愛する。その愛が溢れたら、ようやく他人にお裾分けとして愛せる。綺麗事抜きに、人間は自分が1番。まずはそれを受容すること。自分する愛せない人が、他人を愛せるわけがない。 ・他人の決断で成功するより、自分の決断で失敗する ・すべては才能。才能がないとわかれば、すぐに退散する。自分が輝ける場所を探し、ひたすらそこで生きる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください