宵しぐれ

隅田川御用帳

広済堂文庫

藤原緋沙子

2003年7月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亀井町に店を構える、大和屋の奉公人おさよが何者かによって惨殺された。大和屋夫婦の離縁を扱っていたことから、事件の探索を始めた縁切り寺慶光寺の御用宿の用心棒塙十四郎だが…(第一話・闇燃える)。前の将軍徳川家治の愛室であった万寿院様が主である縁切り寺の御用をつとめる『橘屋』の女主人お登勢と十四郎が、あたたかい人情と、正義の剣で哀しく、切ない女と男の愛憎劇を見事に裁いていく。『隅田川御用帳』シリーズ第四弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください