もぐら同心野分旅

広済堂文庫

高橋和島

2007年12月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

前尾張藩主の徳川宗春が三人の下級藩士と大店の娘を供に中山道を東上しているという報せが江戸の大御所・吉宗の耳に届いた。質素倹約を旨とする吉宗にとって華美で派手な宗春の政は許しがたく、名古屋城内での蟄居謹慎を命じていたというのにー。公儀の意に背く宗春のその行動に吉宗は怒り心頭に発したが、尾張家は御三家筆頭、大御所といえど表立って譴責することはできない。そこで吉宗は、宗春を護衛する「もぐら同心」なる三人の侍の始末を思いつき、伊賀者をさし向けたのだ。晩夏の風を受けて木曾路を旅する宗春一行に危険が迫るが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください