母子幽霊

余々姫夢見帖

広済堂文庫

和田はつ子

2010年2月28日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

金木犀の花の香りが漂う中、余々姫の夢枕に立ったのはスズメバチが群がった霊と、「八ツ刻」という謎の言葉を言い残して消えた母子らしき二人の霊だった。スズメバチを放たれ殺された者の怨みによるものかと、江戸市中でハチに刺されて死んだ者を探し始めた余々姫だったが、その前に現れたのは、複雑に絡み合う不思議な絆だった…。将軍の娘でありながら、もって生まれた不思議な力で事件を解決していく余々姫の活躍が冴える書下ろし好評シリーズ第七弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください