津軽殺人事件

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

1988年7月1日

光文社

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

殺人現場から消えた太宰治の肖像画はどこに?遺されたメモ“コスモス、無残。マネク、ススキ。アノ裏ニハキット墓地ガアリマス”の意味は?都内のホテルで弘前の古書店主石井秀司を殺害したのは誰か?名探偵・浅見光彦は津軽へ…。一人娘靖子と会った浅見は、被害者が主宰した「『津軽』を旅する会」に事件の鍵があるとにらみ、参加者を訪ね、そのコースを辿る。蟹田-金木-五所川原…そこに奇妙な証言の数々が…。さらに第二の殺人!太宰治の『津軽』に描かれた津軽半島を今、浅見は事件の真相を求めて歩み続ける。本州最北端の地を旅情豊かに描く、絶賛シリーズ書下ろし第8弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください