伊香保殺人事件

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

1990年9月1日

光文社

859円(税込)

小説・エッセイ / 新書

浅見家のお手伝い・吉田須美子が警察に連行された!群馬県吾妻町で起きた、焼死事件の殺人容疑者としてである。事件の被害者・大戸美智夫は、政界に触手を伸ばす金融会社の専務で、妻・世志子とともに失踪中だった。さらに、日本舞踊桃陰流の幹部でもある世志子が、伊香保町ロープウエイの崖下へ転落死した。桃陰流の後継者争い、選挙資金をめぐる葛藤・伊香保で晩年を過ごした竹久夢二の不可解な過去-三つ巴の謎に挑む浅見光彦の前に、若き名取りが現われて…。名湯・伊香保を舞台に、戦慄と殺意が奔る。人気爆発の“ミステリーの名手”が、満を持して放つ“旅情ミステリー”の白眉。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください