若狭殺人事件

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

1992年2月1日

光文社

859円(税込)

小説・エッセイ / 新書

若狭の名勝三方五湖のひとつ日向湖に沈む男の死体。伝統の神事・水中綱引きの頂点に異変は起きた。一方、東京・高島平で広告代理店勤務の細野久男が絞殺された。転職を計画中だった細野は、死の直前、同人誌に若狭を舞台にした短編「死舞」を発表していた。そこに描かれた黒い服の男の謎の行動と暗い過去。ところがこの作品は他の同人誌からの盗作と判明、細野の死との関連は?一編の小説をもとに二つの殺人事件をむすぶ接点を求める浅見光彦。単身、若狭へ向かう彼に立ちはだかる40年の時間の壁。内田康夫畢生の書下ろし旅情ミステリー第13弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください